AuBee Home

AuBee Homeは本格的スマートホームがお手軽に実現でき、
赤外線リモコンだけでなく、一般のAC電源機器の遠隔操作と
マルチスクリーンフルHD監視カメラが一度に揃います

赤外線リモコンだけでなく、AC電源の家電機器も操作できて、フルHDカメラで監視もできる

AuBee SHOOTはChromecastに対応

リビングの大画面テレビにもカメラ画像が表示できるようになりました。Google Homeに声をかけるだけで、ノータッチで操作が出来ます。(Chromecastがテレビの電源も入れてくれます。)

「OK Google, 子供部屋のカメラを映して!」

AuBee SHOOTは4画面のマルチ表示にも対応

最大4つのカメラ映像をライブでスマートフォンや大画面タブレットなどで同時に表示することが可能で、本格的な監視カメラシステムのような使い方ができます。

amazon echo flexとの組合せが秀逸

AuBee TAP(スマートタップ)

AuBee SHOOTの外観デザイン

完全DIYで実現できる月額無料のスマートホーム

スマートスピーカー第三世代へ

2017年に上陸したAmazon echoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーは、ポスト・スマートフォンの一翼を担うデバイスとして大きな期待を集めましたが、2年が経過した現在、認知度は高いものの、その普及率は6%(※)にも満たない状況です。(※2019年2月18日 株式会社電通デジタル発表の調査による)

そんな中でも、スマートスピーカーは第二、第三世代へと進化し、現在は画面を搭載したモデルが続々とラインナップされています。インターフェースが音声だけだった第一世代と比べ、よりわかりやすく、より使いやすくなりました。スマートスピーカーはスマホを補完して、音声認識により、より手軽にネットサービスにアクセスできることがメリットですが、その他にも、スマートホームのコマンダーとして利用することで、生活をさらに機能的で快適にできます。

お持ちの家電製品を簡単にスマート化

スマートホーム化の一番の目的は、家電の制御とカメラによるモニタリングにあります。AuBee BEAM & SHOOTは、スマートホームの初心者でも、これを手軽に実現できる安価なスマーホーム・スターターセットです。

AuBee BEAMは、スマートホーム用のWi-Fi赤外線リモコンです。テレビ、シーリングライト、エアコンなど、あなたが今、赤外線リモコンで操作しているさまざまな家電製品が、スマホアプリまたはスマートスピーカーからリモートコントロールできるようになります。手がふさがっているとき、動けないとき、そして外出先からでも、音声やスマホ操作でお望みの家電が自由自在に遠隔操作できるのです。

AuBee SHOOTは、この価格帯で初めて、フルHD(1920x1080P)の高解像度と広角レンズを搭載した、録画機能付き高性能Wi-Fiスマートカメラです。カメラの映像はスマホを通してリアルタイムにモニタリングできるので、留守中に気になるペットの様子もSHOOTで見れば安心です。また、録画した映像は、いつでも、どこででも、スマホで再生が可能です。SHOOTのモーション検出機能により、人の動きを検知し、自動で照明やエアコンをつけることもできます。

こうして、AuBee BEAMとSHOOTはセットでお使いいただくことで、簡単手軽にスマートホーム化が実現できるだけでなく、スマートスピーカーの可能性をも大きく拡げることができます。

IFTTTにも対応

IFTTTを使うことなく、最新のAmazon ECHOやGoogle Homeにより、必要十分な音声操作は可能ですが、よりマニアックなご利用方法に対応できるIFTTTにも対応しています。

AuBee BEAM(赤外線 Wi-Fiスマートリモコン)

AuBee BEAMは赤外線 Wi-Fiリモコンで、ご家庭内の赤外線リモコンでコントロールできる家電製品を、機器専用のリモコンに代わって制御するための小型IoTデバイスです。

いちいち専用リモコンを探さなくても、いくつもの家電製品がお持ちのスマートフォン1台で制御できることに加えて、インターネットが届く場所であれば、室外、屋外、どこからでも家電を遠隔操作でき、さらには、スマートスピーカーと連動させることで、音声で命令することができるという点が大きなメリットです。

アプリには学習機能があり、カスタマイズでリモコン登録も

BEAMで使用するTuyaSmart(※後記参照)のアプリには、現在、8,000種類以上の家電製品がプリセットされており、データはクラウドサーバーに格納されていて、日々新しいリモコンが追加されています。

もし、お使いの家電がプリセットにない場合でも、BEAMには学習機能があるので、DIYでリモコンを登録することができます。

手頃な価格のAubee BEAMは、これまでスマートスピーカーに馴染みのない方が、最初にお選びいただくスマートホーム製品として最適です。

ミニマルデザイン

スマートスピーカーと赤外線リモコンは、各部屋に1つずつ配備すると、家中の家電が一括制御出来るようになり、さらに便利になります。お手頃価格のamazon echo flexとAuBee BEAMの組合せは、その値段だけでなく、そのミニマルな形体が魅力です。

AuBee SHOOT(Wi-Fスマートiカメラ)

AuBee SHOOTは、高画質のフルHD(1920x1080P)に対応した、Wi-Fiスマートカメラです。また、SHOOTには、モーション検出機能があり、一連の家電の動作を自動で行うトリガー(スイッチ)として役立ちます。

例えば、部屋に入ったことをSHOOTが感知すると、AuBee BEAMが自動で照明、テレビ、エアコンを次々に点けていく・・・・・。SHOOTのモーション検出機能はそんな使い方に有効です。

また、AuBee SHOOTは画面付きのスマートスピーカーに対応しているので、音声で命令することで、カメラ画像をスマートスピーカーの画面に映し出すこともできます。画像を確認するたびにスマホを操作する必要がなく、例えば、お料理中の手がふさがっている時に、音声で、別室の子供の様子を画面で確認する、といった使い方が非常に便利です。

「OK Google, 玄関カメラを映して!」

BEAM・SHOOT 共通

Q1. 利用するための専用アプリがありますか?

A1. iOS版またはAndroid版のTuyaSmartアプリを、それぞれApp StoreまたはPlay storeからダウンロードしてご利用いただけます。


Q2. Amazon Alexaはどうやったら使えますか?

A2. AlexaアプリでTuyaSmartのスキルを有効にし、TuyaSmartアプリで作成したアカウントを登録することで利用できます。


Q3. Google Homeはどうやったら使えますか?

A3. Google Homeアプリで、TuyaSmartアプリで作成したアカウントをリンクすることで利用できます。

Q4. この製品を利用するのために、必要な環境はどんなものですか?

A4. アプリを操作するためのスマートフォンと、デバイスを接続するための、Wi-Fiインターネットが使えるネットワーク環境が必要です。

Q5. 電源は付属していますか?

A5. USBケーブルのみ付属しています。ACアダプタ(5V/1A)は付属していませんので、ご自身でご準備ください。

Q6. インターネットがなくても使えますか?

A6. デバイスの操作は全てクラウドを経由して実行されるため、インターネットが必要です。インターネットを経由することにより、宅内でも、外出先でも、場所を意識せずに同じ操作で家電をコントロールできます。


BEAM

Q1. 外出先から遠隔操作することができますか?

A1. リモコン操作は全てクラウド経由で実行されるため、外出先からの遠隔操作が可能です。

Q2. 赤外線リモコンの到達距離はどれくらいですか?

A2. 対象の家電機器のやや下にBEAMを設置した状態で、到達距離は約10mです。

Q3. どのような家電に対応していますか?

A3. 赤外線リモコンを利用する機器であればほぼ利用できます。無線リモコン機器はご利用になれませんので、ご注意ください。

Q4. プリセットにない家電機器も使えますか?

A4. BEAM自身に、リモコンの各ボタンの信号を学習させることで、ご利用になれます。

SHOOT

Q1. 外出先から映像を観ることができますか?

A1. カメラ視聴は全てクラウド経由で行われるため、宅内と同様に、外出先からの遠隔視聴も可能です。
Q2. 録画機能はありますか?

A2. microSDカードを装着する事で録画が可能です。録画された画像は、スマホから遠隔で再生が可能です。

Q3. 第三者に盗聴される可能性はありませんか?

A3. SHOOT自体へは接続することはできず、映像は必ずサーバーを中継して視聴するシステムなので、盗聴リスクは、サーバー側に施された強固なセキュリティ保護により対策されています。

Q4. AlexaやGoogle Homeに映像を出すことはできますか?

A4. 画面付きスマートスピーカーを使い、音声コマンドで、「カメラを映して」と指示することで、簡単にカメラ画像を表示させることができます。